理事長 朝野由貴
理事長 朝野由貴

こういった状況を少しでも変えようと設立されたのが「NPO法人パラスポーツサポーター」(2019年4月設立 理事長 朝野由貴)です。

朝野自身が障がい2級の脚の障がいを持ちながら、全国障がい者スポーツ大会の水泳各部門で3年連続優勝の実績を持ち、また各地のパラトライアスロン大会で1位入賞を果たすなど、超一級のパラアスリートでもあります。
健常者であった朝野は仕事上の事故で障がいを負いました。その後の過酷なリハビリを乗り越え、スポーツを始めることで、また新たな自分自身の可能性に挑戦してきた経験から、サポーターの重要性を人一倍理解している存在でもあるのです。朝野本人は企業に正社員として勤務しているため、比較的経済的に恵まれた環境ということができますが、周囲で見聞きするケースはほとんどがサポーター個人の厚意によるものです。サポーター側の自発的な行動だとはいえ、どうしても負担が大きくなることは否めません。海外の有償ボランティアの充実などと比較して、日本でボランティアといえば、最低限かかる経費のことですら、なかなか率直な論議ができないことに課題を感じ、本NPOの立上げに携わることとなりました。

株式会社カネタ 代表取締役 佐多はつみ
株式会社カネタ 代表取締役
佐多はつみ

理事として朝野を支える佐多はつみは、大阪府摂津市にある金属加工業の株式会社カネタを営んでいます。佐多は冒頭のトライアスロンの島・徳之島出身であり、鉄工所を営む従妹から、バブル後の不景気から応援要請のため上阪しました。その後経営を引き継ぎました。現在は30名の社員を抱える会社にまで成長し、顧客の要望に応える現場重視の姿勢は、取引先からも高く評価されています。

社長業を引き継いだ佐多のライフワークのひとつが、故郷徳之島と大阪を結び、ハンデや障がいを持つ人の社会参加の機会を作ることでした。実際にその「場」を創ろうと、私財を投じ一般社団法人あまみ徳之島ライフサポートを立ち上げ、現在大阪と徳之島で以下の三つの施設を運営しています。

就労継続支援A型事業所『きゅら海』

就労継続支援B型事業所『徳之島絆ファーム』

放課後デイサービス『おかえりホーム』

大阪の町工場を中心に、「健常者」「障がい者」「支援学級生」が、働く・学ぶ・協力する場所を共有し、小さいけれど確かなつながりの輪となり、絆を育んできました。その作業所のスタッフが、偶然、徳之島トライアスロンに出場する視覚障がい者と知り合ったことから、佐多はパラスポーツサポーターの存在と現状を知りました。障がい者のスポーツサポート活動で、なにかできることはないかと模索していたところ、朝野との縁があり今回のNPO発足につながったのです。

佐多がきゅら海で最も信頼を寄せるのが総務課長の眞田大介であり、NPOの事務局を兼任しています。眞田は一見してはまったくそうと見えませんが心臓移植をおこなっており、重度である障がい一級と認定されています。

作業所の一般スタッフとして応援面接に来た眞田が、心臓移植をしたこと、移植後の平均寿命が長くないことを知りました。佐多は、さらにその次の「間もなく結婚を控えている」という彼の言葉に非常に驚きました。命が、近い未来に限られている状況で結婚するという決断をした二人ですが、会って話してみると彼女の方も「眞田の好きなようにさせます」と非常に明るく、今では周囲が二人から大きなパワーをもらっているといいます。

事務局長 眞田大介
事務局長 眞田大介

眞田は活動を始めてから、色々な場所へ行き、たくさんの人に会い、「今では摂津で知らない人はいなくなりました」と笑い、「この活動を通して、自分が抱えていたもやもやを解消する側になれる。本当に生きている、と初めて感じています。」と、精力的に活動に取り組んでいます。佐多と「どっちが先にだめになるかねえ」と冗談を交わす姿は、全ての人間が持つ命のリミットは、逆に可能性を大きくするのかもしれないと、深い問いをわたしたちに投げかけます。

このように、さまざまな人の関わりの中で、従来の健常者が障がい者の支援をする団体ではなく、理事長の朝野・眞田はじめ、障がい者が障がい者の支援を、健常者の助けも得ながら広げていくというところも本NPOの大きな特徴です。

具体的な活動の内容は、パラスポーツをする障がい者とガイドやアシスタントとのマッチング・障がい者スポーツ指導者研修・スポーツボランティア研修機関との連携・イベントの企画や実施・パラアスリートの交流活動など。パラスポーツの振興とともに、それに欠かせないサポーターの存在を広く知ってもらうことで、障がい者がよりスポーツを楽しめる土壌づくりを目指しています。

次の記事「小学校児童の、自然に出る「なにかお手伝いしましょうか?」」へ